ガーゼハンカチ

ガーゼハンカチは必需品。赤ちゃんのために出産前に必ず用意したい!

出産準備で必ず用意しておきたいのは、ガーゼです。

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。

ミルクをあげる時や鼻が出た時など

あかちゃんの顔を拭いたりします。

生まれてから毎日使うものなので出産準備で必ず用意しておきたいアイテムです。

今回はガーゼの良い理由とおすすめのハンカチガーゼを紹介します。

参考にして頂ければ幸いです。

 

なぜ?赤ちゃんにはガーゼが良いの?

赤ちゃんは、皆さんご存知の通りとってもデリケート。

しかも、一日に何度も顔や口の周りを拭きます。

 

使い捨ての赤ちゃん用の口拭きウェットもありますが、

使い続けると肌が赤く荒れてしまう事があります。

 

その点、ガーゼは乾いた状態でも肌に優しく使えて、

軽く持ち運びにも優れています。

しかも、お出かけに1枚ガーゼがあれば、いろいろと使えます。

例えば、

  • 母乳やミルクをあげる時のよだれ掛け代わりに
  • よだれや授乳後のお口拭きに
  • 鼻が出た時や顔を拭く時に

など、いろいろなことに使える万能タオルです。

先ほども言いましたが、

赤ちゃんの肌はとてもデリーケートでタオルなどで拭いたり、

ウエットティッシュで拭き続けると、赤く荒れてしまいます。

 

力を入れていなくても繊維によって擦れたり、水分が奪われカサカサになったり。

でも、ガーゼの場合は肌に優しいのでタオルなどよりも赤くなりにくいです。

また、ガーゼはタオルとは違いホコリが出にくいので

赤ちゃんに安心ですね。

 

ママ♪
ママ♪

洗濯においてもガーゼは通気性が良く乾きやすいので、

生乾きのイヤな臭いが気になりません。

 

ガーゼのデメリットは?

ガーゼハンカチのデメリットとしては、

思うような厚みのあるガーゼハンカチを探すのに苦労したことです。

 

ほとんどが薄いガーゼのものやタオルと組み合わされたものが多く、

地厚なものが少ないです。

また、白いものが多いので少し汚れが目立ちやすいです。

 

 

ママ♪
ママ♪

ちなみに私は10枚くらい用意しました。

離乳食が始まった頃にも大活躍しました。

 

用意しておきたいガーゼは?

個人的には4層、6層くらいのガーゼがおすすめです。

1層タイプは何層かになっているガーゼに比べて
ペラペラで吸収率も悪いです。

 

ママ♪
ママ♪

4層、6層と重なっているガーゼの方が

ふわふわと柔らかくて気持ちがいいですよ。

 

[amazon asin=”B07BD2C1HB” kw=”ハンカチガーゼ”]

 

ガーゼのおすすめリメイク術!

私は2層のガーゼハンカチを2枚重ねにして、

縁を綿糸で編んで4層のガーゼハンカチにリメイクしました。

ガーゼハンカチ

私が探している頃は、

自分が思っている厚みのあるオーガニックの国産ガーゼがなかったので作りました。

 

ママ♪
ママ♪

やっぱり、厚みがある方が拭きやすいのでおすすめですよ♪

 

ガーゼハンカチ
最新情報をチェックしよう!